うつ病にも色々な診断名がある|治療法も大きく異なってくる

身体にも症状がでます

ハートと聴診器

罹患リスクの高いタイプは

うつ病は、その症状が多岐に渡る事も大きな特徴の一つです。一番わかりやすくて一般的な症状は抑鬱です。つまり、気分が落ち込んで元気がなくなり、何事にも活力が見出せない状態になるのです。気持ちが落ち込む事に伴って陥りやすいのが、食欲不振や不眠だと言われています。このような症状が現れた場合はうつ病を疑い、なるべく早めに心療内科を受診しましょう。このような症状はいわば鬱の定型で、鬱について専門知識のない人にも気付きやすい状態なのです。しかし、このような心の症状ではなく身体的に感じる症状というのも実は存在します。例えば、頭痛や吐き気、肩こりや目眩などで、一見すると他の病気を疑ってしまうような症状です。鬱の罹患者の中には、始めはただの風邪だと感じていたが、なかなか治らず症状が悪化。様々な診療科を渡った結果うつ病と診断された、抑鬱状態になっている自覚はなかったという人もいます。うつ病は発症の要因もメカニズムも全ては解明されていませんが、ストレスが一因する事は確かです。しかし、自覚がないストレスや疲労が身体や心を蝕む事もあります。抑鬱状態に陥っている自覚がなくとも体調不良が続く場合などは一度専門医の診断を受ける必要があります。今や15人に1人の割合で生涯に一度は鬱になると言われるほど罹患リスクの高い病気です。また、うつ病と診断される患者数は年々増加傾向にありますから、誰もが他人事とは言えないのです。一般的に日本人は鬱になりやすいと言われています。日本人の良いところ、勤勉で几帳面な性格ですが、実はこのような国民性がうつ病の罹患リスクを高めてしまっているのです。仕事においても、常に向上心をもっている人、妥協を許さず完璧主義な人はストレスを抱えやすく心が疲れやすいのです。また、休日出勤や残業にも応じる頑張り屋な一面が心身の疲労を蓄積させます。そして、ストレスで言えば社会人だけではありません。例えば、社会人つまり家庭で言うとお父さんがそのように勤勉に働く為に、お母さんの負担も増えてしまいます。最近では「ワンオペ育児」と言われますが、核家族化が進む中で家事や育児の負担がお母さん一人にのしかかってしまうのです。特に産後すぐのお母さんは出産に伴うホルモンバランスの乱れも重なり、産後鬱になりやすい状態です。産後鬱の診断数も近年かなり増加しています。その他、働き盛りでもなく子育て盛りでもない中年層であっても、介護などがあり自分の自由な時間が確保しづらい人や、災害などに見舞われ生活が一変してしまった人も罹患リスクが高くなってしまうので注意が必要です。

Copyright© 2018 うつ病にも色々な診断名がある|治療法も大きく異なってくる All Rights Reserved.